“解決金”支払い…小室圭さんに求められる「過去の支援への感謝」と「関係の修復」

2021年04月12日 19時57分

小室圭さん

 秋篠宮家の長女眞子さまと婚約が内定している小室圭さんの代理人は12日、小室家が抱える金銭トラブルにおいて解決金を払うことを明らかにした。

 小室さんの母親は元婚約者から約400万円を受け取っており、返済を求められていた。

 小室さんがA4用紙28枚もの文書を発表したのが8日のこと。金銭トラブルについての考えを学術論文のような形式でつづり、識者や国民から分かりづらいと批判を浴びていた。

 8日発表の小室文書では解決金について極めて否定的な考えを述べていた。解決金という手段を取らないのは、「どのような理由があろうと、早期解決と引き換えに借金でなかったものが借金であったことにされてしまう事態を受け入れることができないと考えたからです」としていた。

 さらに、「これは、私の将来の家族までもが借金を踏み倒そうとした人間の家族として見られ続けることを意味します。(中略)切実に名誉の問題でもありましたし、今でも、同じように受け止めています」と名誉に関わるゆえに解決金は払えないと訴えていた。

 しかし、結局、解決金を払うことにしたというわけだ。このことは眞子さまにも伝えてあるという。

 解決金がいくらになるかは不明だが、お金を払ったら一件落着なのかというとそうではない。ハードルはもう一つある。小室文書発表時に元衆院議員で弁護士の横粂勝仁氏は本紙の取材にこう答えていた。

「私が弁護士として助言できるなら、言葉よりも誠意ある行動を勧めるでしょう。元婚約者にお金を返すかどうかは別にして、過去の支援への感謝を伝え、関係を修復することが望ましい」

 お金ではなく元婚約者とちゃんと和解できるかどうかが国民に注目されているというのだ。果たしてどうなるか。

関連タグ: