舛添要一氏 都内のコロナ感染者急増に警戒感「4月末までは増加し続ける」

2021年04月10日 16時28分

舛添要一氏

 元厚労相、元東京都知事の国際政治学者・舛添要一氏(72)が10日、ツイッターを更新。コロナ感染者のさらなる増加を予想した。

 東京都は、10日午後3時の時点での速報値として、都内で新たに570人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2回目の緊急事態宣言が3月に解除されて以降、最多の感染者数となった。4日連続で、都内で一日に確認された感染者数が500人を超えた。

 舛添氏は「本日の東京都のコロナ感染者570人、緊急事態宣言解除後で最大。12日から蔓延防止等重点措置が適用されるが、その効果が出るのは4月末。それまでは、増加し続けるとみた方がよい」と指摘。

 続けて「しかも、変異型、とくにイギリス型が急速に拡大しており、それが感染のスピードを速めるだろう。医療体制整備が不可欠だ」と警鐘を鳴らした。

関連タグ: