小室圭さん文書「将来の私の家族までもが」表記に批判殺到!

2021年04月09日 12時22分

文書を公表した小室圭さん

 秋篠宮眞子さまとの結婚問題を打破するために小室圭さんが〝勝負手〟として放った6万字に及ぶ「文書」が話題騒然となっている。

 小室さんは眞子さまについて「結婚に対する思いに変わりはありません」とアピール。一方で本題の元婚約者Aさんとの金銭トラブルで、眞子さまを〝巻き込む〟ような表記には批判の声も上がっている。

 小室さんはAさんから工面してもらった約400万円は「借金ではない」と主張。長引く問題に1度は「解決金」名目で返済しようと考えたこともあったそうだが、それをやめた理由について以下にように答えている。

「(弁護士から)たとえ解決金としてお金を渡したとしても、そのお金は借金の返済だったと誤解されてしまうだろう、世間からはやはり借金だったのだと見られてしまうだろうがそれでもかまわないか、といったアドバイスを受けました。報道のされ方を見ていると、確かにお金をお渡しすれば借金だったことにされてしまう可能性は高いように思えました。(中略)こうして何の話し合いもせずにお金をお渡しするという選択はしないことに決めました」

 さらに小室さんは畳み掛ける。

「借金だったことにされてしまえば、元婚約者の方のおっしゃることが正しかったということになり、私や母は借金を踏み倒そうとしていた人間だったのだということになります。これは、将来の私の家族までもが借金を踏み倒そうとした人間の家族として見られ続けるということを意味します。それを仕方のないことだとは思いませんでした」

 文中で「将来の私の家族までもが」とした部分は眞子さまを意識した表現にほかならない。これにネット上では「眞子さまを動機付けに利用するな」「借金の話は小室家の問題だ」「(将来に)話を飛躍させるな」と厳しい声が飛んでいる。

〝新・小室文書〟の評判は芳しくないようだ。

関連タグ: