石田靖の新番組「発見!!〝食〟遺産」がスタート「2000認定食を目指す」

2021年04月08日 18時29分

宇都宮まき(左)と石田靖

 お笑いタレントの石田靖(55)が8日、大阪・岸和田漁港で行われたテレビ大阪の新番組「発見!!〝食〟遺産」(11日スタート、日曜午前11時半)の取材会に、ゲストの宇都宮まき(39)と登場した。

 同番組は石田とゲストが、おいしいのにあまり知られていないローカルグルメを見つけ出し、勝手に〝食遺産〟に認定。その味を後世に残すべく、番組オリジナルのキッチン屋台で料理してもらい、動画レシピを収録するというものだ。

 石田といえば、関西テレビの情報番組「よ~いドン」のコーナー「産地の奥さんごちそう様」で、トミーズ健と隔週で各地の名産品を使ったアイデア料理を食べ歩いてきたが、3月末で同番組を卒業した。

「発見!!――」と「産地の――」は内容的に似ている印象もあるが、「第一次産業の人がどれだけモノづくりにこだわって市場に出してるとか、現場で生の野菜をいただいて本当のおいしさに気づいたりとか、いろんなことを教わった。それをこの番組に生かせると思う」と感謝。

「食材だけでなく人間の面白さをうまく引き出せるようになれば。肩ひじ張らずに日曜の昼にのんびりと見ていただきたい。『産地の奥さん』で2000食の手料理を食べさせてもらったんで、この番組の認定食も2000食を目指して、愛される番組になりたい」と意気込んだ。

 一方で、局が変わり、一コーナーから番組へ〝昇格〟したことで、ギャラも上がったか聞かれると「上がるかいな!」と全力で即答して笑いを誘った。

関連タグ: