出国間際の辛坊治郎氏がズバリ「東京五輪は客入れてやる」「菅政権は継続」

2021年04月08日 06時15分

五輪開催のカラクリを明かした

 フリーキャスターの辛坊治郎氏(64)が、今月からヨットでの太平洋横断に再チャレンジするため、レギュラー番組を降板した。だが辛坊氏のニュース解説が聞けないのは悲しすぎる! そこで辛坊氏に「太平洋横断中に日本で何が起きるか?」と聞いたところ、次から次へと珠玉の〝予言〟が飛び出した!

【予言 オリンピックは開催されます】

 開催ということを前提に全部が動き出してる。止めるためには、ものすごいエネルギーが必要。客が入ろうがどうしようが、選手が来て競技してくれて、それがアメリカのゴールデンタイムで放送できさえすれば主催者はペイするし、テレビ局も満足。巨額の契約もすでに済んでいて、動き始めている状況の中で止めるというのは、よほどのデカい力が働かないと無理。去年からいろんな動きを見てる限り、止めるという力は働いていない。

 開催に否定的な世論ですか? そんなもん、役に立たないですね。オリンピックってゼニのためにやるもんですから。観客も入れるでしょ。ゼロ(無観客)は絶対にない。4月から野球の開幕でおそらく段階的にフルのキャパ入れてくるでしょう。

 もしオリンピックをやらなかったらオレ、帰ってこない。予言が外れたら腹くくってね、南太平洋の島々を金髪美女とめぐり歩く。そっちの方がいい? はっはっは。

【予言 菅政権は継続】

 菅政権は持つと思います。オリンピック前に解散の可能性が若干あるんですよ。いずれにせよ現有議席が多いので、議席は減ると思います。でも、それに代わって政権を取れる野党が全く見えていないので、負けるにしたって、大負けはしないです。となると、首がつながる。

 菅さんの次を狙ってる人たちが何人か思い浮かびますけど、ちょっと早いかな。河野太郎さんあたりが出てくると思うんですけど。河野さんが9月の自民党総裁選で菅さんに対抗する形で立候補するかというと、同じ神奈川県で仲がいいので、人間関係としてそれはやってこないだろう。

 もう1年ぐらいやって、菅政権がボロボロになった段階で出てくる方が、河野さんとしては政治的には得だろうと。だから今年の秋は菅さんで継続するんじゃないの、と今の段階では思ってますけどね。

☆しんぼう・じろう 1956年4月11日生まれ。鳥取県出身。早稲田大学卒業後の1980年、読売テレビにアナウンサーとして入社。「ズームイン!!朝!」「たかじんのそこまで言って委員会」などに出演。2010年に同局を退社しフリーに。13年、全盲のセーラー岩本光弘氏とヨットで太平洋横断にチャレンジするもクジラの群れと衝突。救命いかだで漂流し、海上自衛隊に救助された。ニッポン放送のラジオ番組「辛坊治郎ズーム そこまで言うか!」は一時休演。

関連タグ: