バルサじゃない! アグエロのチェルシー移籍が急浮上するワケ

2021年04月07日 11時45分

アグエロ、意中のチームは…(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)が同リーグのチェルシー入りが濃厚になったと、スペイン紙「ムンドデポルティボ」が報じた。

 今季限りで契約満了となるアグエロはフリーで他クラブに加入できるとあって、各クラブが熱視線。すでにオファーを出したスペイン1部バルセロナを筆頭にフランス1部パリ・サンジェルマン、イングランド・プレミアリーグのチェルシーが新天地の有力候補として報じられている。

 そんな中、同紙はチェルシー入りが最有力とし、その理由について「プレミアリーグの最大の歴史的達成者になる可能性であるからだ」と、アグエロが同リーグの通算ゴール記録を狙っていると伝えた。

 2011年にマンチェスターCに加入したアグエロは10シーズンで通算181得点をマークし、歴代4位に付けている。3位で通算187ゴールのFWアンディ・コールまであと6得点、2位で通算208ゴールのFWウェイン・ルーニーは27得点に迫っている。

 1位で260ゴールのFWアラン・シアラーを超えるのは難しいものの同紙によると「あと2シーズンを過ごすことで英国サッカー史上歴代トップ3に入る可能性がある」と、記録のため、引き続きイングランドでプレーすることを望んでいるという。

関連タグ: