宮迫博之が千原ジュニア直談判の“闇芸人コラボ”に言及「デリケートな部分ある」

2021年04月06日 12時24分

左から宮迫、千原ジュニア

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(51)が6日に自身のユーチューブサブチャンネル「裏迫ですッ!」で〝犬猿の仲〟の千原ジュニア(47)とのバチバチ対談を振り返った。

 宮迫とジュニアのコラボはネット上でも話題となった。丁々発止のお笑い対決の「ピリピリ感」が2人の間柄を象徴しているとも言われた。

 宮迫は「結果として反響大きかった。ただ、コメント欄とかいろいろ見て。ジュニアも(その後の動画を)出したりとか」と切り出す。

 ただ「ピリピリしていたとか、険悪とか、仲が悪いのとかが分かったとあったけど、仲は悪くはないし」と宮迫。宮迫が以前言っていた「仲が良くない」というのは、頻繁に食事をしたりする仲ではないという意味で、「もめたこともあるけど、建設的な話ですし、芸人のほうでは仲いい方」と話した。

 そのコラボではジュニアが宮迫に「一緒に闇営業に行った人間をユーチューブに出してくれ」と直訴したことも話題になった。

 これに宮迫は「もちろん、早い段階でオファーも(考えたが、様々な事情があって)絡める状態でなかった。のちのちねと思いつつ。何度も電話してお話はしている。それで『今はやめときましょうか』とか、言えない話がいろいろ。いずれそういう機会も。デリケートな部分であるんで、タイミングを見て。ご了承ください」と話した。

 ジュニアとのコラボには「また、話したい。次話すときはもっと明るい話題で」と前向きだった。

関連タグ: