仲間由紀恵が橋田壽賀子さん哀悼 出演作振り返り「沢山の愛が詰まった作品ばかり」

2021年04月05日 22時07分

2008年、新春ワイド時代劇「寧々〜おんな太閤記」の記者会見で前列に並んだ橋田壽賀子さんと仲間由紀恵

 女優・仲間由紀恵が所属事務所を通じて4日に急性リンパ腫のため亡くなった橋田壽賀子さんを追悼した。

「訃報をニュースで知り、大変驚きました」という仲間。「様々な思い出や想いが浮かんできます。ドラマ『ハルとナツ届かなかった手紙』で初めてご一緒させて頂き、『99年の愛~JAPANESE AMERICANS』にも出演させていただきました」と思い出を語った。

「先生の作品には、これまで日本人としてご苦労されてきた人々の姿。その日その日を一生懸命生きる方々へのオマージュ。沢山の愛が詰まった作品ばかりでした」という。

「まだとても信じられません。愛に溢れた先生のお顔が思い浮かんで、悲しくて仕方ありません。ご冥福を心よりお祈り申し上げます」と悼んだ。

関連タグ: