大阪VS神戸の〝マスク会食バトル〟は、神戸の判定負け!

2021年04月05日 10時59分

吉村知事

 大阪府、兵庫県、宮城県のまん延防止等重点措置が実施された5日、注目された吉村洋文大阪府知事と久元喜造神戸市長のマスク会食についての正反対の見解に対し、日本医科大学の北村義浩特任教授が、同日のテレビ朝日系「モーニングショー」の番組内でズバリ判定を下した。

 吉村知事は「政令の既定の中で、マスク会食は広い意味での義務化といえる」として、効果を期待している。ところが、久元市長は「マスクを着けたり外したりするとウイルスを触る危険性があり、かえって危険」として、神戸市民にマスク会食を「求めるつもりはありません」と公言していた。

 この真向対立する2人の意見に北村教授は「マスク会食の義務化に賛成です。明らかに大阪府知事の勝ち。神戸市長は負けです」と断言。その理由は、マスクについたウイルスを触り感染するよりも、ウイルスの混じった飛沫を「吸い込んで感染する方が、はるかに危険です。マスクをしない人がいればテーブルなどにウイルスがつきます。マスクを触る以前に、いろんな所のウイルスに触れることになる」。

 確かに大阪勝利、神戸敗北のようだ。

関連タグ: