東京都の〝まん防〟要請は? 小池都知事が大阪との違いに言及

2021年04月02日 15時20分

慎重姿勢の小池都知事

 小池百合子東京都知事(68)が2日、都庁で定例記者会見を行った。この日、東京は440人の新型コロナウイルスの感染者が確認され、第4波がささやかれるなか、緊急事態宣言に準ずる「まん延防止等重点措置」を都も要請することになるかが注目された。

 まん延防止等重点措置はすでに大阪府、兵庫県、宮城県で5日から適用されることが決まっている。

 都がまん延防止等重点措置を国に求めていない理由は何なのか。そう問わた小池氏は「緊急事態宣言の解除が3週間違う」と大阪府と東京都の違いを指摘。その上で「今、どのような効果的な方法があるのか見極めていく。あらゆる場面を想定していきたい」と話した。

 緊急事態宣言の解除が遅かった東京都はこれから感染者数が増えてくることが予想され、ひと事ではいられない。

関連タグ: