下着保管、GPS監視…夫の〝束縛〟にも笑顔を絶やさない雛形あきこ

2021年04月01日 11時15分

ラブラブだ

 女優・雛形あきこ(43)、俳優・天野浩成(42)夫妻の円満の秘訣とは!?

 2人は31日、東京・新宿の赤城神社で、夫婦役で出演する短編映画「アンコン~夫婦あるある物語~」のヒット祈願に出席。金屏風の前で、2013年に結婚してから初めての夫婦会見に臨んだ。

 同作では、コロナ禍で夫婦仲が険悪になり、ケンカするシーンなど、誰にでも起こりそうな夫婦の日常の姿を描いている。雛形が天野のことを烈火のごとく怒るシーンもあり、「(天野は)そのシーンが怖くて仕方なかったらしいです」と明かした。

 天野は「(本番では)ちゃんと目を見れなかった」「芝居だと分かっていても、なんか嫌ですね…」と正直に告白。芝居とは分かっているとはいえ、相手が妻の雛形だから、本当に怒られているような気になってしまったようだ。

 映画とは違って、普段は夫婦ゲンカをすることもなく、ステイホームで夫婦の時間が増えても、それが苦になるようなことはなかったという。

 雛形は「家事はやれることをやれる人がやる。決まりというより、自然とそうなった。無理をしないので、ストレスを感じない」と語った。

 天野といえば、雛形への“強すぎる愛情”で知られる。雛形が捨てたセーター、下着を隠し持っていたり、GPSで雛形の行動を24時間監視していることをバラエティー番組で明かし、共演者から毎回ドン引きされていた。

 芸能プロ関係者は「番組で多少は誇張している部分はあるでしょうが、天野は雛形のことが大好き。意見が対立してもいつも折れるので、ケンカをすることはないみたい」。結婚から8年がたつが、今もラブラブだ。

関連タグ: