株式会社TOKIO 日経新聞にだけ広告展開の「深謀遠慮」

2021年04月01日 11時15分

株式会社TOKIOを仕切る城島

 お披露目はクオリティーペーパーで! メンバーの長瀬智也(42)がジャニーズ事務所を31日で退所し、3人体制となった人気グループ「TOKIO」の名を冠した会社が1日、日本経済新聞に広告を出した。

 長瀬の退所と「株式会社TOKIO」の設立は昨年7月に発表され、法人登記も済んでいる。ただ、始動は新年度の4月1日。日経の全面広告のメッセージは「はじめまして。株式会社TOKIOです」で始まり、「バンドから会社へ。グループから、チームへ」とTOKIOの“変貌”もつづられた。

 城島茂(50)が社長を務め、国分太一(46)と松岡昌宏(44)が副社長の株式会社TOKIO。芸能人・文化人のマネジメントやイベント・コンサートから映画やテレビ番組に至る企画、制作および運営など幅広い業務が想定されている。

 3人が並んだ広告写真の背景は森林で、メッセージにも「自然を尊ぶ心が育んだ、日本のモノづくり」など、グループの代表的活動である「DASH村」を思わせる言葉が並ぶ。

 この日、長瀬の退所と同社の始動はスポーツ紙で大きく取り上げられたが、企業広告が出たのは読売でも朝日でもない、日経のみ。勤め人も経営者も目を通すクオリティー紙を通じ、ビジネス界デビューを飾った形だ。

「ジャニーズ事務所の子会社扱いされているが、株式会社TOKIOとしてきちんとビジネスしていこうという決意表明だ。事実、DASH村を通じてキズナを育んだ福島県とは復興事業で協力していくようだし、企業からの〝コラボ案件〟の商談も続々と届いているそうだ」とは芸能プロ関係者。

 メンバーも新たな挑戦に四苦八苦しながらも充実した毎日を送っているという。

関連タグ: