ものまねタレント・桜井ちひろがケイダッシュステージ退社「フリーとして幅広く活動したい」

2021年03月31日 18時56分

桜井ちひろと夫・ミドル清原
桜井ちひろと夫・ミドル清原

 倖田來未が公認するものまねタレントの桜井ちひろ(48)が31日、所属の「ケイダッシュステージ」を退社すると自身のブログで報告した。

 桜井は「26年間という四半世紀に渡り、長年お世話になりました株式会社ケイダッシュステージを退社する事に致しました」と報告。1995年から所属した同社について「川村会長をはじめ、松田社長からも、『いつでも遊びにおいで。』と、優しく送り出して下さり、ケイダッシュグループの事務所の皆様には、本当に感謝しかありません」とつづった。

 今後はフリーとして「ものまねだけではなく、幅広く、自分も周りの皆様も笑顔になれるような活動をしていきたいと思います」と意気込んでいる。

 ものまねのレパートリーは、なんと300以上。声優、ダイエットコーチなど食や健康に関する資格を多数取得し、マルチに活躍している。

 本人は「今後は声を生かした活動に力を入れたい」と話しており、声優、ナレーターとしての活動が増えそうだ。 

 ものまねで自由自在に声色を操る術を身につけた桜井は、これまで「おジャ魔女どれみ」「プリキュア」「怪談レストラン」などのアニメで声優として活躍。アニマックス「第一回全日本アニメ芸人グランプリ」で「新世紀エヴァンゲリオン」ネタを炸裂させ、初代グランプリを獲得したほどで、知識はもちろん、アニメ文化への思いも深い。また、「超潜入!リアルスコープ ハイパー!」(フジテレビ)では、スコープオバサン役を務めるなど、ナレーターとしての経験も豊富だ。ものまねの枠を超えた活躍に期待したい。

 桜井は2009年に、ものまね芸人のミドル清原と結婚している。

関連タグ: