朝倉未来がシバターと決別宣言!RIZIN発言で「超えてはいけない一線を超えた」

2021年03月29日 22時05分

朝倉未来とシバター

 格闘家の朝倉未来(28)が自身のユーチューブサブチャンネルを29日に更新。「シバターとは本当に終わりかもしれない」とシバター(35)との決別を宣言した。

 これまで〝親友〟と言うほどの仲だった朝倉未&シバターだが、その仲がこじれたのは、朝倉未がお笑い芸人・宮迫博之(50)と中田敦彦(38)がホストを務めるユーチューブ番組「Win Win Wiin(ウイン ウイン ウイーン)」に出演したことが原因。同コンテンツでの、シバターに関する朝倉未の発言に、シバターが怒りのコメント。これに朝倉未が反応していた。

 朝倉未は「みなさんには悲しいお知らせになっちゃうかな」と切り出す。
「今回、俺の中でプツンと糸が切れてしまう出来事が起きてしまいまして。というのも、きのうのシバターの動画なんですけど」と、朝倉未が「Win~」出演したことに触れたシバターに言及。

「再生回数を伸ばしたいのか、本当にイラついたのかわからないですけど。1本動画を上げたんですよ。中田さんに関してはお話ししてみたいと話してたんですけど、宮迫さんに関しては個人的に嫌いなんでしょうね、すごいめちゃくちゃ言ってて。いつものごとく、俺の悪口言ってるんです。それはいつものことなんですけど、1つ気に入らないことがあって。RIZINの事なんですけど」と朝倉未。

 それは「RIZINに出れたのは朝倉未来のおかげだけではない」という部分だ。

「恩着せがましくするつもりはないけど、親しき仲にも礼儀ありだと思うんですよ。シバターの事は俺が推薦したんですよ。完全に。(RIZIN)の榊原社長と笹原さんと飯食ってる時に、榊原社長に『シバターをRIZINに出してください』とお願いしたんですよ。普通に面白いと思ったし。勝利したのは彼の功績、俺は正直負けると思ってたんで」と朝倉未は明かす。

 シバターは動画で「やりとりしたのは(RIZINの)笹原さん」と話していたが、朝倉未は「俺はRIZINの選手なので。実際のやりとりには笹原さん(に動いてもらった)」と訴える。実際には朝倉未が深くかかわっており「恩を仇で返す」と感じていたという。

「今回は一線を超えたなと思ってる。違うと思い込むのはいいんだけど」と朝倉未。

「本当の意味で終わっちゃったのかなと。超えてはいけない一線を超えたなと。久々に頭にきたのでアンサー動画を出させていただきました」と締めた。

 朝倉未が宮迫、中田とコラボしたことをきっかけに、事態は思わぬ方向へ進展している。

関連タグ: