伊藤健太郎が不起訴で芸能活動再開へ 手を差し伸べる「超大物女優」

2021年03月26日 05時15分

不起訴で命拾いした伊藤健太郎

 いよいよ芸能活動再開か――。

 東京地検は25日、東京・渋谷区で昨年10月に乗用車を運転中、バイクに衝突し、乗っていた2人を負傷させて立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された俳優・伊藤健太郎(23)を不起訴処分とした。

 示談が成立している被害者の2人が処罰を望んでいないことから、過失傷害容疑は起訴猶予とし、ひき逃げ容疑については、犯意が認められず嫌疑不十分となった。

 この日朝に決定したことで伊藤は同日、自身のSNSで自筆のコメントを発表。「この度は、私の自覚の足りなさ、未熟さによって起こした交通事故のために、関係者、ファンの皆様に多大なるご迷惑ご心配をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます。事故によって、お怪我をされた被害者の方にも改めて心からお詫び申し上げます」と謝罪した。芸能関係者の話。

「事故を起こした後、走り去ろうとした伊藤を、後続車の運転手が追いかけ、本人に『戻らなきゃダメだ』と説得したとされます。ここが〝運命の分かれ道〟だったということ。首の皮一枚でつながりました」

 不起訴になったことで、いよいよ芸能活動再開も視野に入ってくるが、伊藤のイメージ低下は否めない。手を差し伸べる人はいるのだろうか?

「女優の黒木瞳が〝救いの女神〟になるでしょう。伊藤に一目ぼれし、自身が監督を務めた映画『十二単衣を着た悪魔』の主演に抜てき。めちゃくちゃかわいがってきた。映画の公開直前で逮捕され、興行収入が爆死しても、伊藤の方を心配していたぐらいです。今もよく励ましているそうですよ」(映画関係者)

 大物女優が後ろ盾になれば、これほど心強いものはない。伊藤はそんな周囲の期待に応えるしかなさそうだ。

関連タグ: