アキナが関テレ新情報番組・火曜レギュラーに 視聴率UPの秘策?「ウソをついていきます」

2021年03月23日 18時35分

新番組MCに起用されたアキナ・山名文和(左)と秋山賢太

 お笑いコンビ「アキナ」(秋山賢太=37、山名文和=40)が23日、大阪市の関西テレビで行われた春の番組改編会見に登場した。

 アキナは29日スタートの昼の新情報番組「2時45分からはスローでイージーなルーティーンで」(月~木曜午後2時45分=関西ローカル)の火曜MCを務める。

 同番組は〝スロー&イージー〟をテーマにした1時間生放送の生活情報番組で、見取り図(月曜)、アキナ(火曜)、ゆりやんレトリィバァ(木曜)、ミルクボーイ(金曜)と曜日ごとにMCが変わる(水曜は芸人やタレントが週替わりで務める)。

 秋山は「月曜の勢いを止めないようにしたい。もし月曜日がこけたら、火曜日の僕たちがケツをふきます」と意気込んだが、報道陣から「火曜日だけ視聴率が取れなかったら?」と突っ込まれると絶句。秋山が「まず謝ります」と絞り出すと、山名は「何でそんな質問するんですか」と逆ギレしつつ「SNSがあるんで、例えば東京から千原兄弟さんが来てくれるとかウソをついていきます」と視聴率アップの秘策を披露した。

 一方で、同番組の放送時間帯は、裏に「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」といった生放送情報番組が控える。山名は「報道ではなく、〝スローでイージー〟な番組ならではの企画があるので、そこを前面に押し出して勝つことができたらと思います」とテイストの違いを強調したが、「スローでイージーと言っていますけど生放送で初めての帯。若干の緊張はあると思うので、最初のうちは間が怖くて『足早でハードなルーティーン』になると思います。3か月後に最高の状態に持っていけたら」と笑った。

関連タグ: