松本まりか「あざとい」CMはほとんどアドリブだった! “歌ヘタ”酷評には傷心

2021年03月20日 05時15分

CMが話題の松本まりか

 夜景をバックに、女優・松本まりか(36)が「はじめて~の~チュウ~きみとチュウ~」と歌う「鏡月焼酎ハイ」CMが、ネット上で物議をかもしている。

 2日から全国放送されている同CM。「かわいい」「色っぽい」との声が上がる一方で、「あざとい」「歌下手すぎ」と好き派と嫌い派が激突する論争に。ユーチューブのサントリー公式チャンネルのCM動画(15秒篇)は、40万回以上も再生され、高評価と低評価が500台と拮抗。良くも悪くも注目を浴びている。

 松本といえば、デビュー20周年を迎えた昨年〝あざとかわいい〟女優として大ブレーク。現在放送中のテレビ朝日系「あざとくて何が悪いの?」では「松本まりかはあざといのか?」というテーマで、完全密着される企画がスタートするなど勢いが止まらない。

「飲料系のCM出演自体が初めてで大感激だった松本さんですが、〝歌ヘタ酷評〟には『やっぱり…』と意気消沈している。撮影前から歌ヘタを自虐気味に明かしながら『すごく恥ずかしい』『音を外してしまう』などとこぼしていた。実際、何度も何度もテイクを重ねて、あの歌なので、不安は的中したのですが(笑い)」(制作関係者)

 加えて演技についても〝あざとい〟批判が…。ネット上では「台本通りにやっているだけなのに、かわいそう」という擁護論も多いが、松本はこの点に関してはまったく意に介していないという。

「監督から撮影で『いたずらっぽく演じて』など指示は飛んでいたが、松本さんのアドリブ部分がほとんど。自身が〝あざとかわいい女優〟としてオファーされていることを理解して、制作サイドの期待以上のあざとさを演じていた」(前同)

 つまり女優としては狙い通りだったというわけだ。これからも松本から目が離せそうにない。

関連タグ: