愛内里菜セクハラ訴訟 前所属事務所は全面否定「御主張されている様な事実はありませんでした」

2021年03月18日 23時10分

「愛内里菜」時代の垣内りか

 かつて歌手「愛内里菜」として活動していたタレントの垣内りか(40)が、専属契約を結んでいた芸能事務所のプロデューサーによるセクハラで精神的苦痛を受けたとして、同事務所「ギザアーティスト」(大阪市西区)に1000万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴していたことが分かった。ギザアーティストは事実関係を否定している。

 大阪地裁(西岡繁靖裁判長)で18日、第1回口頭弁論があり、事務所側は請求棄却を求め、争う構えを示した。

 垣内は1999年5月に系列の事務所「ギザミュージック」と専属契約を結び、その後、ギザアーティストに移籍し、2010年12月に契約を終えた。両事務所でプロデューサーだった男性から2人きりになるよう求められ、わいせつな行為をされたと主張。その後も呼び出しが続き、過呼吸やめまいに悩まされるようになり、「愛内里菜」としての活動が引退に追い込まれたとしている。

 ギザアーティストは書面でコメントを発表し、「本件につきましては弊社としましても社内で事実関係を調査した結果、御主張されている様な事実はありませんでした」とセクハラ行為を否定した。

 垣内は「愛内里菜」として、テレビアニメ「名探偵コナン」の主題歌を歌うなど活躍した。

関連タグ: