東国原英夫 師匠たけしを五輪演出に猛プッシュ「アイデアがすごくおもしろい」

2021年03月18日 17時37分

東国原英夫

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(63)が、師匠のビートたけし(74)を東京五輪・パラリンピックの演出担当に推薦した。

 18日、自身のツイッターで、開閉会式の演出を統括する佐々木宏氏の騒動に言及。その中で「最初から僕は言っているが、やはり東京オリパラの演出は師匠(北野監督)が適任だと思う」とたけしを〝猛プッシュ〟した。
 
 東国原によると「TVタックル」(テレビ朝日系)の収録の合間にそんな話になるという。

「師匠は冗談半分で『東京オリパラの独自の演出・構成のアイデアの話』をよくする」とし「それがまたすごく面白い。2年前から、その概要を聞いているが、今のコロナ禍にピッタリの構成内容なのだ。関係者の皆様、一度話を聞いてくれないかな~」と懇願した。

 2012年のロンドン五輪ではダニー・ボイル、16年のリオ五輪ではフェルナンド・メイレレスが演出を務めたように、五輪の演出を映画監督が務めることは少なくない。

 たけしは1997年、映画「HANA―BI」でベネチア国際映画祭最高賞の金獅子賞を受賞するなど、世界的な知名度があるだけに、打ってつけかもしれない。

関連タグ: