大島由香里が「5時に夢中!」移籍の垣花正アナをバッサリ「裏切った」

2021年03月09日 22時45分

辛らつコメントを連発した大島アナ

 TOKYO MX「バラいろダンディ」でMCを務める垣花正アナウンサー(49=フリー)が9日、出演者から集中砲火を浴びた。

 この日の午後6時30分、「5時に夢中!」のMCであるタレント・ふかわりょう(月~木)、俳優・原田龍二(金)が4月から「バラダン」の新MCに就任し、垣花が「ゴジム」のMC(月~金)を担当することが発表された。

 番組冒頭、番組アシスタントの大島由香里は「衝撃的なニュースが飛び込んできました」と〝MCトレード〟を速報。垣花にとって夜から夕方への昇格となるが、大島は「バラいろダンディを裏切る形で移籍することになった」とチクリ。垣花の「『バラいろダンディ』で1年半経験させていただいたことを生かし、『ゴジム』の超個性的なコメンテーターのみなさんに気持ち良くホームランを打ってもらうべくマウンドに上がりたいと思います」のコメントを紹介した。

 野球に例えて決意を表明した垣花に対し大島は「バラダンのスタッフから『俺たちゃブルペンか!』『番組で肩つくってんじゃねー!』の声が上がっています」と紹介。「垣花さん、さようなら」と淡々と別れを告げた。

 出演者から「(バラダンが)二軍ということ?」とツッコまれた垣花は「同じマウンドですから」と返答。大島が冷めた視線で「1年半の経験を生かして、踏み台にしてゴジムで頑張ってくださるということで」と結論付けると、コメンテーターの金子恵美氏も「釈明が空虚な感じがしますね」と突っ込んだ。

 なぜ野球に例えたかを問われた垣花は「実況の練習をしていて頭の中が野球一色だった。野球モードだった」と釈明。スタジオの空気が冷え、裏切り者扱いされたことに「えーっ。どうしてこんなことに」と、最後まで困惑の表情を浮かべていた。

関連タグ: