出馬報道の森下千里氏 被災地復興への思いを投稿「『これから』できることを」

2021年03月09日 17時40分

森下千里氏

 衆院選・宮城5区から立候補されることが報じられた元タレントの森下千里氏(39)が9日、ツイッターを更新。東日本大震災への思いをつづった。

 次期衆院選で自民党の公認候補となることが報じられた森下氏は、東日本大震災の被災地の復興に強い思い入れがある。

 11日に震災から10年目を迎えるにあたって森下氏は「もうすぐ10年。あの時、自分は何ができたのだろうか、あの時以来、わたしがしてきたことはどうだったのか、今でも考え続けています」と自分に問いかけ続けていることを明かした。

 その上で「『これまで』皆さんが復興に捧げてきた時間、思いに、わたしはもっと寄り添っていきたい。『これから』できることをしっかり足していきたい、そう思っています」と決意を表明した。

関連タグ: