福原愛の不倫騒動 元宝塚男役が台湾文化を解説「愛ちゃんの肩を持つ訳ではありませんが…」

2021年03月05日 21時42分

福原愛さん

 元宝塚男役で台湾在住の真野すがたが5日、自身のブログを更新し、卓球女子の五輪2大会メダリストの福原愛さん(32)について言及した。

 真野は2012年に日台ハーフである夫と結婚し、現在は台北を拠点に生活している。ブログでは友人との食事の様子を紹介した上で「福原愛ちゃん。もちろんこちら台湾でもめちゃくちゃ話題になっております」と現地の様子を伝えた上で「愛ちゃんの肩を持つ訳ではありませんが、日台カップルとして私にはとても他人事とは思えない部分もあり…。もちろんどんな状況でも不倫は許されないけれど、お気の毒…という気持ちも大きくて」と複雑な心境を吐露した。

 続けて「そもそも台北ならともかく愛ちゃんが嫁いだのは南部の高雄!! 高雄ともなればもう中国語どころか台湾語が飛び交っていて、南に行けば行くほど閩南語由来の台湾語の使用率は高くなります。もう全然別の世界なんだよね。今でも昔ながらの考え方や伝統習慣にそって生活している人々ががっちり家族・親戚と繋がっている」と説明した。

 さらに「この辺り私も実際に嫁いできて分かった事で普通に日本で生活していたら理解しにくいのですが、日本の都会と田舎どころじゃない落差が存在しているのが台湾です」と日本との違いを明かした。実際に福原さんは義母や義姉との関係に頭を悩ませていたと4日発売の「週刊文春」が報じているだけに、日本人の想像を絶する文化の違いに順応しきれなかったのかもしれない。

関連タグ: