山下智久 海外進出の入念準備バレた! 昨年8月「JKお持ち帰り」直後にサイト登録

2021年03月05日 11時30分

山下智久

 山Pの独立は用意周到だった? 昨年10月末でジャニーズ事務所を退所した山下智久(35)が、先月28日にオフィシャルサイトとファンクラブサイト「Club9」をオープンさせた。同日には退所後初となるインスタライブを行い、約12万人が視聴するなどリスタートは順調そのものだが、このサイトを巡っては、〝ある疑惑〟が浮上。ファンの間では、サイトの立ち上げとJKモデルとの〝飲酒&お持ち帰り騒動〟が関連づけられるという、ハタ迷惑な臆測が飛んでいる――。

「こんばんは。ごぶさたしております。山下智久です。みなさんお元気でしょうか?」

 白Tシャツに黒ジャケット姿の山下が画面に登場すると、ファンからは「待ってました!」「おかえり~」などとコメントが殺到した。視聴者はみるみる増えて、あっという間に12万人を突破。無理もない。退所後、山下の動向は、インスタグラムでしか分からなかったからだ。

 ワイドショー関係者がこう話す。

「今回のインスタライブは、2つのサイトの開設を記念したものです。ネット上では、さっそくファンクラブに申し込んだというファンが相次いでいますね。人気は健在で、順調な滑り出しと言っていい」

 時おりアイスコーヒーを飲みながら、カメラに向かって語りかける山下は、終始リラックスした表情。途中で海外ファンのために流ちょうな英語を披露する一幕もあった。今後は俳優業以外にコンサートを開催する意欲を示し、近いうちにファンクラブイベントを用意しているという。

 山下と言えば昨年7月30日、亀梨和也とともに未成年女性を含む複数の女性と飲酒。その後、Aさん(当時17歳)をホテルにお持ち帰りした、と報じられたのが記憶に新しい。Aさんはファッション誌や発掘オーディション「制コレ’20」にも出演歴がある現役女子高生アイドルだった。

「ジャニーズ事務所は山下に一定期間の芸能活動の自粛、亀梨には厳重注意の処分を下しました。その最中に山下のもとには海外作品のオファーが届き、『これを逃したくない!』と10月末で電撃退所。すぐさまロケ地であるカナダに飛んだのです」(同)

 そんなドタバタだっただけに、今回の公式サイト開設は山下本人の喜びもひとしおだろう。ところが、このサイトを巡っては〝ある疑惑〟が浮上しているという。

「ドメイン(インターネット上の住所)の登録日を調べると、昨年8月2日になっているんですよ。JKモデルと過ごした7月30~31日から、わずか2日しか経っていない。報道があったのは8月7日なので、まだ山下もこの時点では〝お持ち帰り〟が公になるとは知らないはず。つまりJKモデルの報道があろうとなかろうと、退所の準備をしていたことになる」(芸能関係者)

 本紙が調べたところ、たしかに登録日は昨年8月2日になっている。おまけに「Club9」の登録日も同じ昨年8月2日だ。

 関係者の話を総合すると、どうやら山下は昨年6月ごろ、ジャニーズ事務所に契約更新をしない旨を伝えていたようだ。結局、引き留められ、双方が話し合いを重ねた結果、21年3月に退所する方向でまとまったという。それが事実ならば、この時点で準備をしても不思議ではない。

 ただドメイン登録日を巡っては、ファンの間であらぬ臆測まで呼んでいる。

「ホテルで〝熱い8時間〟を過ごして、JKモデルにすっかり惚れ込んでしまい、退所を決意したんじゃないかと(笑い)。この時は相手が17歳だとは知らないですからね」(同)

 さすがにそれはなさそうだが…。そこで本紙は、山下サイドにドメイン登録日や21年3月に退所する予定だったことなどの事実確認を行ったが、期限までに回答はなかった。

 インスタライブで「自分の人生をかけて、どんどん新しいフィールドにチャレンジしていきたい。山下と(一緒に)夢を見てよかったと思えるように一生懸命まっすぐ進みます」と宣言した山下。退所の前も後も、その一挙手一投足に熱い視線が注がれているようだ。

関連タグ: