黒谷友香はへこたれない女優 演出家・宮本亜門氏が「この人、傷つかない」と指摘

2021年03月04日 17時55分

黒谷友香
黒谷友香

 女優・黒谷友香(45)が出演する舞台「画狂人 北斎」が4日、東京・新国立劇場で初日を迎え、演出の宮本亜門氏らとともに会見に臨んだ。

 同舞台は、天才浮世絵師・葛飾北斎の晩年を軸に、生きざまを描いていく物語。黒谷は北斎の娘のお栄を演じる。

 北斎の大ファンという宮本氏が2017年に朗読劇として作り上げ、19年に舞台化。今回は「令和三年版」として新たな「北斎」を描いている。前回から引き続き出演した黒谷は「前回終わったときに、またこのメンバーでやりたいと思っていたので令和三年版でご一緒できることが幸せです」と語った。

 初演の時は宮本氏から厳しい演技指導をされた黒谷だが、記憶に残る指導を聞かれると「いろいろ言われすぎて分からない」とあっけらかん。その様子に宮本氏も「この人、傷つかないんですよ。絶対にへこたれないから。この人は芯が強い」と絶賛された。

関連タグ: