フジ女子アナ結婚ラッシュ!今度は永島アナが生報告 お相手は「機械に強い男」

2021年03月04日 10時43分

結婚した永島アナ

 女子アナウンサーの結婚が続くフジテレビで、新たな寿報告があった。

 4日に結婚を明らかにしたのは、早朝の情報番組「めざましテレビ」でMCを務める永島優美アナ(29)。同番組の冒頭で「私事ですが、きのう結婚しました」と報告した。

 お相手は3年半交際してきた30代の同局ディレクター。結婚に踏み切ったタイミングについて「番組がこの3月29日から変わりまして、また(11月に)30歳を迎える節目の年でもありますので、思い切って決断をいたしました」と説明した。

 2014年入社の永島アナは、ガンバ大阪などで活躍したサッカー元日本代表FW・永島昭浩氏の娘。16年春に「めざまし」のMCに就き、29日から「とくダネ!」の終了に伴う新番組「めざまし8」のMCを務めることが決まっている。ユーチューブの番組チャンネルで公開したダンス動画には、視聴回数598万回の人気作も。

 相手の好きなところを木曜レギュラーの伊野尾慧に問われると「やだ、そんなこと…」と口を押さえた後、「いろいろあるんですけど、機械にものすごく強くて、パソコンがすごくできるんです。自分のことよりも、いつもほかの人のことを考えているところがいいなと思って、私も支えられています」と続けた。

 昭浩氏には2日に電話で報告したところ、低い声で「お父さんのこと忘れんといてな」と言われたという。

 フジでは1月、三上真奈アナ(31)が30代男性会社員との結婚を発表。久代萌美アナ(31)も同じ月にユーチューバーのはるくん(25)と結婚したことを明らかにしている。昨年1月には「ミタパン」こと三田友梨佳アナ(33)もエリート会社員との結婚を発表。そして「ユミパン」こと永島アナも…。アラサー女子アナと一般男性の結婚ラッシュは、新たなトレンドなのか。

関連タグ: