和牛・川西が初エッセーの〝産みの苦しみ〟明かす「ペンが進まず…あ、これ続かんわ」

2021年03月03日 22時33分

「和牛オンライントークイベント」に登場した「和牛」(左から水田信二、川西賢志郎)
「和牛オンライントークイベント」に登場した「和牛」(左から水田信二、川西賢志郎)

 お笑いコンビ「和牛」(水田信二=40、川西賢志郎=37)が3日、オンラインで行われた「和牛オンライントークイベント」に登場した。

 同イベントは、和牛が1日に発売した初エッセー「和牛の一歩ずつ、一歩ずつ。」の出版を記念して行われたもの。コンビで、それぞれのテーマを考え執筆したという。

 川西は「そろそろ担当の方から催促のメールが来るんじゃないかなというタイミングでひねり出した。申し訳ないなって思ってます。そんな仕事、ほかにやってなかったし、ペンが進むテーマがすぐ出てくるとは限らない。途中2割くらいで『あ、これ続かんわ』と思ってやめるときもあった」と振り返った。

 また、電子書籍を年間約400冊購入するなど、完全電子書籍派だという水田は「自分が携わったので本を手に取ってほしい」と感慨深げ。

 川西も「書き下ろしを文字数多めに書いたので、それは読んでほしい」とアピールした。

関連タグ: