吉村知事が8日からワクチン優先接種開始を発表 不安の声には「適切な情報を確実に公表」

2021年03月03日 15時50分

記者団の取材に応じる吉村知事
記者団の取材に応じる吉村知事

 大阪府の吉村洋文知事(45)が3日、大阪府庁で報道陣の取材に応じ、医療従事者を対象にした米製薬大手ファイザー製新型コロナワクチンの優先接種を8日から開始すると発表した。

 国内では4万人の医療従事者を対象に接種が始まっている。府では約31万人の医療従事者が接種を希望しているが、第1弾として府に供給されるのは7万人分。8日の大阪急性期・総合医療センターを皮切りに、第3波以降の新型コロナ患者受け入れ病院のうち、患者受け入れ実績の多い78病院から接種を開始するという。

 吉村氏は「ワクチンが大きな転換点になると思う。供給は国が確保しているとのことなので頑張っていただきたい。国から配布されたワクチンについては速やかに安全に確実に接種をしていきたい」と語った。

 新型コロナワクチンを巡っては2日、厚生労働省がワクチンを接種した60代女性が、接種から3日後に死亡したと発表した。死因はくも膜下出血とみられる。女性に基礎疾患はなく、現時点で接種との因果関係は不明で、今後検討するとしている。

 ワクチン接種に不安を抱く人が現れる可能性について、吉村氏は「適切な情報を確実に公表していくことが重要。情報を隠したりする方が圧倒的にワクチンが広がることの阻害になる。日本は民主国家で情報が発達してるので、情報を流してもワクチン接種が後ろ向きになることはないと思う。日本人は冷静だと思う」と話し、国民は適切な判断をするとの見解を示した。

 続けて「同じような事例が重なった時に、メディアの皆さんが国が発表したとしても報道する価値があるのかを判断してくれるようになると思う。高齢者のワクチン接種が進むと、高齢者はもともと寿命の方もいらっしゃる。因果関係が分からないまま亡くなる方も出てくる。ワクチン接種しなくても120万人亡くなるわけですから。そういった意味では国は情報を適切に公表し、メディアの皆さんが取り扱うかどうか」とメディアの報道の仕方にも注文を付けた。

関連タグ: