トランプ前米大統領が2024年大統領選出馬を示唆「3回にわたって彼らを倒すかも」

2021年03月01日 13時04分

トランプ氏
トランプ氏

 トランプ前米大統領は28日、南部フロリダ州オーランドで開かれた保守系イベント「保守政治活動会議」(CPAC)で演説し、噂されるトランプ新党結成を完全否定。一方で2024年の米大統領選出馬を示唆した。
 1月20日の大統領退任式以来、久しぶりに公の場に姿を見せたトランプ氏。さっそく昨年11月の大統領選について「選挙を盗まれた」、「バイデンと民主党は負けた」とトランプ節を炸裂させて、バイデン大統領と民主党の批判を展開。さらに「ひょっとしたら、私は3回にわたって彼らを倒すことになるかもしれない」と、噂されていた24年の米大統領選出馬を示唆した。

 その大統領選出馬をめぐっては、1月の連邦議会襲撃事件後に共和党内で脱トランプを訴える勢力が現れたこともあって、トランプ氏が「愛国者党」なる新党を結成するのではないかと噂されていたが、「それはフェイクニュースだ!」として完全否定。共和党の団結を強調した。

「大統領選出馬の示唆は観測気球。これで共和党がどう反応するかを見極めているのでしょう。トランプ氏が『票が割れるから新党結成はない』というように、基本は共和党の候補として大統領選に出馬すること。しかし、共和党の協力が得られない状況になれば、考えを変える可能性は十分にありそうだ」(在米ジャーナリスト)

 その後も自身が始めたメキシコ国境の壁建設を中止させたバイデン氏を批判して、「誇りある勤勉な米愛国者である我々の運動は始まったばかりだ。最後に我々は勝利する!」と右派支持層に強烈にアピールしたトランプ氏。ホワイトハウスは完全無視を決め込んでいるが、そう遠くないうちに無視できない日が来るかもしれない。

関連タグ: