東国原英夫 蓮舫氏と河井案里氏がノーアポで知事室“乱入”の過去「あれで2人のキャラは固定した」

2021年02月20日 19時10分

東国原英夫

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(63)が20日、関西テレビ「胸いっぱいサミット!」に出演。2人の女性政治家との“因縁”を語った。

 この日はアンケート企画「関西女がやっかみ!?“女に嫌われるオンナ”ランキング」が行われ、5位に立憲民主党の蓮舫代表代行、3位に河井案里元参院議員がランクインした。

 東国原は「2007年に(宮崎)県知事になったとき、ノーアポで来られた政治家、女性が2人いるんですね。それが河井さんと蓮ちゃん(蓮舫氏)なんです」と告白。「それで僕が執務をしてるのに、『お客様がいらっしゃってます』って言われたから『ああどうぞ』って言って(迎え入れた)」と当時を振り返った。

 その時、河井氏は両手を振りながら「ど~も~! 知事~!」と入室。蓮舫氏は右手を上げ「よっ!」と入ってきたという。

 東国原は「あれでこの2人のキャラは固定した。『これは一筋縄ではいかない政治家だな』っていうのが」と指摘。MCのハイヒール・リンゴから「関係ある2人が関西人に嫌われてるっていうのがすごいですね」とツッコむと「なんで共通点見つけるの?」と苦笑いだった。

関連タグ: