日テレで怒涛の〝櫻井翔祭り〟 4月に連ドラ、8月に映画、その先に…

2021年02月20日 05時15分

櫻井翔をVIP待遇で迎える日本テレビ

 活動休止中のグループ「嵐」の櫻井翔(39)が4月からドラマ主演することが分かった。日本テレビの日曜午後10時30分枠で、人気女優の広瀬すず(22)とダブル主演を務める。すでに映画化も決まっており、公開時期はなんとドラマ終了直後の8月だという。〝櫻井翔祭り〟の背景とは…。

 櫻井が主演するドラマ「ネメシス」は、横浜にある「ネメシス探偵事務所」を舞台にしたコミカルミステリー。

「探偵役を櫻井、助手役を広瀬が務める。櫻井は少々、おっちょこちょいで涙もろく、人にだまされやすい人情味ある元警察官の探偵。激怒した瞬間だけ頭脳がフル活動するという異能の持ち主です。対する広瀬は櫻井を助けながら事件解決のヒントを毎回、見つけるキーマン。実は事務所で働きながら、行方をくらませた世界的天才科学者の父親を捜している。ドラマは一話完結もの」(ドラマ関係者)

 嵐が活動休止した後も忙しい櫻井だが、すでに昨年中に撮影を終えている。「昨年7月から約3か月かけて撮影しました。コロナ禍の中、櫻井と広瀬は時間を捻出し、横浜を中心に収録を終えたそうです」(制作会社関係者)

 驚くべきことに4月から1クール(約3か月)、ドラマを放送した後すぐ、8月に映画版「ネメシス」が公開される段取りになっている。「地上波の最終回は映画版の導入です。ドラマ&映画版には橋本環奈や上白石萌音などが出演します」(前出ドラマ関係者)

 なぜここまで櫻井を重宝するのか? その理由は2年以内に夜の報道番組「news zero」のメーンキャスターに就任してもらいたいからだ。現在は月曜キャスターとして週に1回だけ出演している。

「日テレはニュース番組に改革を起こそうとしているんです。夜の報道番組の視聴率争いはし烈ですが、櫻井を〝最終兵器〟として投入し、一気に制したいのです。元日テレの羽鳥慎一アナがテレ朝の情報番組『モーニングショー』で大成功を収め朝帯を制覇したイメージです」(日テレ関係者)

 櫻井は昨年末に終了した「嵐にしやがれ」(日テレ系)の後を継いで始まった「1億3000万人のSHOWチャンネル」でも司会を務めている。この番組においても、日テレは異例の体制で盛り上げている。「一本当たりの制作費が5000万円。さらに番組PR費は計2000万円も投入されている。ケチで知られる日テレにしたらかなりの大盤振る舞いです。でも、それだけの金額を投入しても成功させたいんです」(前同)

 日テレ全面バックアップのもと始まる櫻井主演ドラマは絶対にコケることが許されない。

関連タグ: