橋本聖子新会長 ニュース番組でキス騒動ツッコまれ苦笑「深く反省している」

2021年02月19日 19時31分

苦笑いだった橋本聖子新会長

 女性蔑視発言で辞任した森喜朗氏(83)の後任として、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の新会長に就任した橋本聖子氏(56)が19日、ニュース番組「news every.」(日本テレビ系)に出演。藤井貴彦キャスター(49)から7年前の“キス騒動”をツッコまれ、苦笑する場面があった。

 橋本会長は番組で、一点の曇りもなく「公正・公平」を期すため、五輪担当相を辞めて自民党に離党届を提出した経緯を説明した。ちなみに、IOCに国会議員との兼務について「問題ない」と言われたという。
 
 冬季4回、夏季3回、計7回の五輪出場を誇り、銅メダリストでもある橋本会長の背中を押したのは「アスリートの皆さんの声」だった。「私もオリンピアンなので、アスリートファーストで原点に戻りたいと決意した」と言う。

 橋本会長は「ゴールのない道を走る不安と闘うアスリートの皆さんの気持ちを思うと、4年間、持てる力のすべてを注いできたことを発表する場を用意したい」と、五輪開催に強い意欲を示した。

 真剣に五輪への思いを語る橋本会長のほおが緩んだのは、藤井キャスターがアイスダンスの高橋大輔(34=関大KFSC)との“キス騒動”について尋ねた瞬間だった。

 7年前の2014年、ソチ五輪閉会式後の選手村で、喜びのあまり高橋にキスを強要したことが「週刊文春」に写真付きで報じられ、今回それが蒸し返されている。

 橋本会長は苦笑いを何とか抑えながら「当時、スケート連盟会長であり、日本選手団会長という立場にかかわらず、大変軽率な行動を取ってしまった。当時も今も大変深く反省している。国民の皆様に信頼していただけるように、自分自身の気持ちを入れ替える」と答えた。

 続けて「ジェンダー問題、パワハラ、セクハラと取り上げられているが、自身にしっかりと問いただし、そういうことがない社会にする。私自身が行動を持って示していく。深い反省を持って取り組む」と、過ちを犯した自身が先頭に立つ決意を明かした。

 これに対し、ネット上には「言葉に実直さと誠意を感じた」「いつまでもキスの件蒸し返されて気の毒だな」「ガースーと違って原稿なくても自分の言葉で一生懸命頑張って話してる姿は好感もてます」「橋本聖子さん、キス魔の件、ちゃんと謝罪しとるやん応援しよう」などの声が上がった。真摯に謝罪し、五輪に全力に取り組む姿勢が、好意を持って受け入れられているようだ。

関連タグ: