ビリー・アイリッシュ恐怖のストーカー被害 「君は死ぬ」脅迫状を送りつけた男に接近禁止令

2021年02月19日 15時26分

 米歌手ビリー・アイリッシュ(19)に対して過去数か月にわたり繰り返し脅迫状を送るなどストーカー行為をしたとして、ロサンゼルスの裁判所はジョン・ハールという男性にビリーに近づくことを禁止する命令を下した。米芸能サイト「TMZ」が18日(日本時間19日)報じた。

 同サイトによると、この男性は昨年夏ごろからロスにあるビリーの自宅前の学校敷地内に居座り、ビリーの行動を見張ったり、脅迫する内容の手紙を送りつけたりしていた。

 一通の手紙には「君の望み通りにはいかない。もし君の望むことが僕のために死ぬことだったら別だが…分かってるよね、もうすぐ水位は上がり、君は死ぬんだ」などと書かれていた。

 男性はまた、ビリーと目が合うたびに喉をかき切るようなジェスチャーをするなど、恐怖心をあおるような行動を繰り返したとしている。

 裁判所はビリーの身に危険が及ぶ可能性があるとして男性に対して200ヤード(約183メートル)以内に接近することを禁止する命令を出した。TMZは関係者の話として、ロス市警が捜査を始めたが、まだ逮捕に至っていないと伝えた。

関連タグ: