猪瀬直樹氏 〝ポスト森〟橋本聖子氏は「森喜朗前会長の傀儡政権でしかない」

2021年02月17日 20時14分

猪瀬直樹氏

 元東京都知事の猪瀬直樹氏が17日、ツイッターを更新。東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長候補が橋本聖子五輪相(56)に一本化されたことについて見解を語った。

 この日、森喜朗会長(83)の辞任表明を受けた2度目の候補者検討委員会が行われ、橋本氏に就任を要請することが決まったと一斉に報じられた。本人が要請を受ければ近日中に正式決定する。

 都知事時代、五輪招致活動に参加していた猪瀬氏は「橋本聖子さんは森喜朗前会長のイエスマンなので、これでは〝かいらい政権〟でしかなく、女性をトップにしたからよいわけではないのであって組織委員会の体質は改革できない」と非難。

 続けて「選考過程を透明化しないでこそこそ決めた印象はぬぐい得ない」とコメントした。

 猪瀬氏は森氏が女性蔑視とも取れる発言をし、物議を醸した際にも「この人が組織委員会の会長にふさわしくないことは自明でした」と一貫して森氏サイドに対して否定的な姿勢をとっている。

関連タグ: