デーブ・スペクター氏 橋本五輪担当相イジる「五輪は中止ならぬチューし」

2021年02月16日 10時37分

デーブ・スペクター氏

 テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏が16日、ツイッターを更新。橋本聖子五輪担当相(56)が起こした過去の“セクハラ騒動”をネタにした。

 デーブ氏は「大臣、オリパラは中止しますか?→いえ、チューし、ます!」とブチかまし、橋本氏が強引にイケメンスケーター・高橋大輔(34)の唇を奪った過去を蒸し返した。

 この騒動は2014年に週刊文春がすっぱ抜き、キス写真がデカデカと掲載された。酒に酔った橋本氏(当時日本スケート連盟会長)が、嫌がる高橋を抱き寄せ、強引に何度もキスを繰り返したという。

 高橋はフィギュアスケート選手として、2010年バンクーバー冬季五輪で銅メダルを獲得。世界選手権優勝など抜群の実績を誇り、イケメン選手として高い人気を誇った。14年に現役を引退。18年に復帰し、19年からはアイスダンスに転向。来年の北京冬季五輪代表を目指す。

 一方の橋本氏はスピードスケート、自転車競技と二足のわらじをはいて五輪に出場。アルベールビル冬季五輪スピードスケート女子1500メートル銅メダリストの実績を武器に、参院議員として当選5回を重ねている。

 現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事でもあり、“女性蔑視発言”で辞任した森喜朗会長(83)の後任に名前が挙がっているが、セクハラまがいのキスが世界中に報道されており、厳しい視線が注がれている。

関連タグ: