138キロ・清原和博氏が哀愁漂う後ろ姿をツイッターに投稿「雨ニモマケズ」

2021年02月15日 17時57分

清原和博氏

 元プロ野球選手の清原和博氏(53)が15日、ツイッターを更新。哀愁漂うワンショットを投稿し、多くの反響を呼んでいる。

 ツイッター上にアップされた写真には雨が降り注ぐ中、トレーニングウエア姿でリュックを背負い、黙々と街中を歩く清原氏の後ろ姿が映し出されている。添えられたメッセージには「今日は土砂降り 雨ニモマケズ 風ニモマケズ、、、。」とつづり、作家・宮沢賢治を連想させる言葉で自身の心境を吐露した。投稿された写真は、この日のトレーニングへ向かう際に撮影されたワンショットのようだ。

 清原氏は138キロにまで増加した体重と自身の打撃力低下に大きなショックを受け、本格的なダイエットとバッティング練習に取り組むことを決意。都内のトレーニングジムでパーソナルトレーナーの指導のもと、禁酒と厳しい食事制限を自らに課しながら連日にわたって猛烈なトレーニングに励んでいる。

 フォロワーからは「悪天候の中、お疲れ様です!」「後ろ姿に哀愁漂う」「すごい…後ろ姿だけでも既に絞れてる感じが出てる…」などとリツイートが殺到している。

関連タグ: