笑福亭鶴光が弟子・羽光の真打ち昇進で下ネタの極意を伝授

2021年02月15日 15時40分

鶴光(左)と羽光

「公益社団法人落語芸術協会 真打昇進披露記者会見」が15日、都内で行われ、新真打ちの三遊亭小笑(40)、春風亭昇々(36)、春風亭昇吉(41)、笑福亭羽光(48)がお披露目された。

 弟子の羽光の晴れ舞台に師匠である笑福亭鶴光(73)も出席し、お祝いの言葉を述べた。

 羽光は「下ネタは封印しないけど、TPOをわきまえた真打ちになります。個性が大切なので、珍しい真打ち…『チン打』を目指します」と師匠の下ネタDNAのしっかりと継承している。

 報道陣から「羽光さんに伝えたい下ネタの極意は?」と問われた鶴光は「本人がスケベェじゃないこと。下ネタのなかにも品というものがあります。これが本当のスケベェになると品がなくなってしまうので、そうならないように私は気を付けています」と意外な極意を語った。

 羽光は「初めて聞きました。ぼくも妻も子もいるので、品のある下ネタをやっていきたいと思います」と決意を新たにしていた。

関連タグ: