元SKE・矢方美紀 がん検診啓発イベントで衝撃発言「普通に好きな人はいます」

2021年02月11日 16時47分

矢方美紀

 元SKE48の矢方美紀(28)が11日、がん検診の大切さを伝えるオンライン講演会「前を向いて一歩ずつ。~AYA世代のがんを知ろう~」を開催した。

 同イベントは生命保険大手のアフラック、第一生命が主催。2019年のがん検診受診率調査で、胃がんが全国最低、肺がんが46位、乳がんが43位など全国最低レベルの大阪府と連携し、AYA世代(思春期および若年成人)に、がんの実態を知ってもらおうというものだ。

 矢方は2018年に乳がんが判明し、左乳房全摘出・リンパ節切除の手術を受けた。歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻・小林麻央さんの乳がんのニュースがきっかけでセルフチェックを行い、乳がんが判明したこともあって「もし私もなったらどうすればいいかと置き換えて考えたのが今につながっている。自分には関係ないと思わずに病院に行ったのが良かったと思う。乳がんのセルフチェックは無料でできる。自分自身の体は自分が一番知っていると思うので、しっかりと向き合ってもらえたら」とがん検診の大切さを強調。

 コロナ禍でガン検診を迷っている人に対し「今、医療機関は一番、コロナに対して対策を取っていると思う。検診に行きたいという方がいれば、連絡を取れば対策も教えてくれると思うので、安心して行ってほしい」と呼び掛けた。

 現在は名古屋を中心にラジオや司会の仕事を続けながら声優の夢を追っており、出演するアニメ「シキザクラ」(中京テレビ)も今年放送予定だ。

「鬼滅の刃」を筆頭にアニメが世代を超えた人気となっているが「声優さんが取り上げられることは多いけど、作ってくださっている、いろいろな方がいる。作り手の方がどんどん皆さんに認知されてほしい。アニメという文化を知ってもらえるようなきっかけになりたい」と話した。

 SKE時代の同期・松村香織は昨年、一般男性と結婚した。自身のプライベートについて聞かれると「アイドル時代は恋愛禁止というルールがありましたけど、今は一人の人間として。病気をしたから恋愛できないと思い込んでもいたけど、恋という部分も病気関係なくしていきたい。普通に好きな人はいます」と意中の人がいるとオープンに告白。「熱愛発覚と言われるように売れたいですね」と笑った。

 講習会の模様は18日までユーチューブ配信される。

関連タグ: