東国原英夫氏が眼瞼下垂手術を受けると報告「美容整形ではないんですよね?」

2021年02月09日 16時05分

手術予定の東国原氏

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(63)が眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術を受けることを明かした。

 9日、自身のツイッターで「到頭(とうとう)、眼瞼下垂の手術をする事になった。時期は、一応、東京の緊急事態宣言が解除になってからである。さぁ、手術をしてどうなるか」と報告。東京の緊急事態宣言の解除は現在のところ3月7日を予定しているため、手術はそれ以降となる。

 これにフォロワーからは「養生してくださいね」「ヒデさん頑張って!!」と応援コメントのほか「美容整形ではないですよね?」という質問も飛んだ。

 眼瞼下垂とは、腱が緩んで、上まぶたが垂れ下がった状態。物が見えにくくなったり、頭痛などの症状が出る場合がある。さまざまな原因が考えられるが、加齢の影響が大きいとされる。