皇治 挑発のシバターに「相手したるから大人しい指加えて順番まっとり」

2021年02月09日 14時59分

左から〝ゴリポン〟呼ばわりされたシバター、余裕の表情の皇治

 格闘家の皇治(31)が9日、「ピーピーやかましいのー笑」と題して公式ブログを更新。度重なる挑発を続けてきたRIZIN無敗の最強ユーチューバー・シバター(35)に〝1番意味のある形で相手したる〟と回答した。

 皇治は「去年はさ、ライジンに引越ししてきて、天ちゃん五味さんに負けてもてヘコんどるんやわ笑」と本音を告白。昨年はK-1からRIZINに〝電撃移籍〟を果たしたものの、那須川天心(22)、五味隆典(42)に連敗を喫し、〝引退説〟も浮上している。

 だが、そんな周囲の声を「今年は俺に喧嘩売っとる奴、全員相手したるていうとるがな笑」と笑い飛ばすと「身体一個しかあれへんねん笑」「俺はモテてしゃあないんやわ笑」と、得意のセリフで余裕を見せた。

 そして、RIZINでの対戦を求め「皇治は口だけは達者。デカいこと言うだけ! オイ! おめーの舌は何枚あるんだよ!」とあおりまくっていたシバターには、「ゴリポンもごちゃごちゃホラばっかり吹いとらんと正々堂々自分よりデカいもんに挑まんかいや笑 カッコわるいやっちゃで。皆もコロコロおどらされとったらあかんよ笑」と反論。

「焦っとらんと1番意味のある形で相手したるから大人しい指加えて順番まっとりて笑 もうとっくに色々動いとるからまっとり」と、何らかの形で決着をつける考えをにおわせた。

 さらに「なんやかんや言うた事は行動してきたがな 俺は頭が賢いんやわ笑 勝とうが負けようが俺がいつだって話題の中心 まあまた騒がしたるから楽しみに待っとり」といつものように自己アピールし、シバターと〝対戦〟の約束を守ると念押しした。

関連タグ: