千原ジュニアが股関節の難病を告白「一部が壊死してるって」

2021年02月08日 13時10分

難病を告白した千原ジュニア

 お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニア(46)が、自身の公式ユーチューブチャンネル「千原ジュニアYouTube」に投稿した動画で、病院で難病と診断されたことを報告した。

 動画は「衝撃映像とジュニアの難病告白!~楽屋シリーズ~」というタイトルで、7日に公開。

 ジュニアは動画の中盤で「11月末ぐらいから股関節がずっと痛いねん!」と明かした。

 気になる症状については「このユーチューブで熱海に行ったときも、ずっと足引きずってて。むちゃくちゃ痛いねん」と腕を組みながら語った。

 また、股関節専門の病院へ行ったことを明かし「『ジュニアさん、保健所に行って、難病申請の書類取ってきてください』って。難病なんやって。原因がわかり切っていない難病なんやって、俺」と語った。

 さらに「言葉で聞いたら俺もむちゃくちゃ怖かったけど、一部が壊死してるって」「薬で徐々に徐々に痛みが和らいでいってんねんけど。このまま完治するか、またぶり返すこともあると。そうなったら、いよいよ手術とか考えなあかん」と話した。

 動画のコメント欄やSNS上には、視聴者から「お大事に」「坂口憲二が発症した突発性大腿骨頭壊死症?」「ストレスが原因?」などと、ジュニアの体調を心配する声が投稿されている。

【関連記事】

関連タグ: