芸歴50年 桂南光「政治の話より…世間話とか嫁はんとのモメ事を話してる方が楽しい(笑)」

2021年02月07日 07時15分

古希記念の全国ツアーを開催する桂南光

 特徴あるダミ声と狭い額がトレードマーク、前名・べかこにちなんだ「べかちゃん」の愛称で親しまれている落語家・桂南光(69)は昨年、芸歴50年を迎え、今年で70歳になる。1月の京都南座を皮切りに「古希記念 桂南光独演会」(全国23か所、最終公演は6月26日・大阪松竹座)をスタートさせた南光が、テレビ番組への出演や妻について語った。


【芸歴50年 桂南光インタビュー(2)】

 ――テレビ番組での歯に衣着せぬ発言も注目を集める

 南光 「ちちんぷいぷい」(MBS)に出たら政治的なことでも聞かれるから言いますけど、自分から発信したい気はありません。ネタとして楽しくないし、あまり好きじゃないんです。落語の枕でも基本的には言わない。世間話とか嫁はんとのモメ事を話してる方が楽しい(笑い)。

 ――河内のおっさんがボヤいてるだけ、と

 南光 そう。コメンテーターやなくて、近所のおっさんが聞かれたから言ってるだけ。ただ、私が言うてることが必ずしも正しいわけでもないですし。

 ――あえてオッサンのボヤキをお願いします

 南光 今の日本の政治はグズグズになってる。ちゃんとしてほしいですね。私が思うに、政治の世界に行くと人間をダメにしますね。志を持ってても上から抑えられて、一人二人やどないもならんし、政治家やってた人も「儲かる。表に出ない金がなんぼでもある」と言うてましたから。結局、金に負けてしまう。そんな人をいっぱい見てきた。とはいえ、私も偉そうに言うてても、政治家になったら「ええがな、ええがな」になってしまうかもしれませんしね。

 ――妻の存在は

 南光 ライバル。負けたくないんです。嫁さんは落語を知らなかったんですけど、勉強のために米朝師匠の全集を聞いたみたいで「百年目」っていう落語を「あなた、こういう落語はできませんよね?」って言うんです。ごっつムカつきましてね。米朝師匠に稽古をお願いしたんですけど「もう忘れた。おまはん、できるやろ?」って言われて。結局、米朝師匠には聞いてもらえずで、今は嫁さんに「米朝師匠ほどのレベルではないけど、できてますね」なんて言われてます。「火焔太鼓」も、嫁さんに「あなたもこれやったら?」と言われたのがきっかけ。そういう意味では「ライバルの嫁に負けるのはイヤ」っていうのがええ刺激になってますね。

 ――70歳を迎える

 南光 60歳のときは、できてたことができなくなったりして「年いったな」とも思いましたけど、70まできたら、そういうものだと思って急きもあわてもせず受け入れてますね。70になって米朝師匠の境地も見えてきたのかな(笑い)。


 かつら・なんこう 本名・森本良造(もりもと・りょうぞう)。1951年12月8日、大阪府千早赤阪村出身。今宮工科高校在学時の69年、桂枝雀(当時小米)に弟子入り志願。卒業後に入門、桂べかこを名乗る。93年に3代目桂南光を襲名。落語家として活躍する一方で「バラエティー生活笑百科」(NHK)、「大阪ほんわかテレビ」(読売テレビ)などテレビ・ラジオでも人気を集める。また、所属する米朝事務所の常務取締役も務め、桂ざこばとともに社長の桂米団治を支えている。

関連タグ: