丸山穂高議員 〝帝国ホテル122泊〟の真意語る「皆さん勘違いされてる」

2021年02月05日 18時05分

丸山穂高議員

 衆議院議員の丸山穂高議員(37)が5日、ツイッターを更新。自身に対する世論の反応に疑問の声を上げた。

 丸山議員といえばツイッター上に、議員の給料やボーナス等の明細を公開している。3日には国会議員に支給される文通費で帝国ホテルに122泊することを明かし「国会議員の文通費で長期滞在します。滞在費として帝国ホテル泊まろうが公開もされず領収書もいらず。税金アジャースで、老舗ホテルへの応援も出来ちゃいますね」と投稿していた。

 丸山議員の行動には、一時批判的な声が多かったものの、政治家たちの相次ぐ不祥事で世論は一変。「包み隠さず明かす丸山議員には好感が持てる」「嘘つく政治家よりはよっぽどマシ」といった好意的な意見が寄せられるようになった。

 丸山議員はこの日、帝国ホテルの文通費利用に関する世論の反応に言及。「何故か皆さん勘違いされて、私のこのやり方が文通費問題を皮肉る素晴らしいやり方とお褒めの言葉すら頂くのですが、ただ単に私が帝国ホテルに住みたいだけだし」とつづった。

 さらに「私が褒められても何の意味もなくw こいつ明らかにおかしいやろ、潰せ、怒 ぐらいの方がちょうど良いんですよ」と吐露。「最近皆さん慣れてる様な気がするので更なる実行性ある方法を考えますが、、この文通費も法案作って真面目に提案しても通らない→今のヒャッハーも通らないとなってくると、次はあれですね」と全体の意識を変えるべく、次なる一手を示唆した。

関連タグ: