加藤シゲアキ「オルタネート」が吉川英治文学新人賞にノミネート「次作へ取り組みたい」と励み

2021年02月02日 05時00分

ジャニーズ事務所も連続ノミネートに驚き!?

 NEWSの加藤シゲアキ(33)の小説「オルタネート」が第42回吉川英治文学新人賞にノミネートされた。惜しくも第164回直木賞受賞は逃したが、先日2021年本屋大賞ノミネートが発表されたばかり。2冠達成なるか。

 アイドルと同時並行で小説家としても活動する加藤にとって、うれしい知らせが届いた。吉川英治文学新人賞は小説を発表した作家の中で、最も将来性のある新人作家に贈られる賞。過去には和田竜の「村上海賊の娘」、辻村深月の「ツナグ」など数々の話題作が受賞しており、アイドルがノミネートされるのは初めて。選考会は3月2日に行われる予定だ。

 加藤は「直木賞、本屋大賞に続いて、吉川英治文学新人賞にまで候補にしていただけたこと、大変うれしく思っております。直木賞、本屋大賞と同じく、予期しないお知らせに驚きと喜びが同時に押し寄せ、ありがたい戸惑いをかみしめています。吉川英治文学新人賞はエンタメ性に優れた作品が多い印象ですので、自分の著作も仲間に入れてもらえたのかなと思うと、感慨もひとしおです」と喜びのコメント。

 すでに新作にも取り掛かっており、賞候補入りは作家としていい発奮材料になっている。「選考会まではまだ時間がありますが執筆へのエールと受け取り、緊褌一番、次作へ取り組みたいと思います」

 1月5日時点で10万部(5刷)だったオルタネートは売り上げが急伸しており現在、13万部(6刷)を記録している。