契約解除・引退示唆のワタナベマホトを巡ってまさかの争奪戦が勃発

2021年01月25日 05時15分

今泉が心配だ

 人気ユーチューバー・ワタナベマホト(28)の一件が波紋を広げている。ワタナベは元欅坂46・今泉佑唯(22)との結婚発表直後の22日、未成年女性へのわいせつ写真要求が発覚し、マネジメント会社「UUUM」を契約解除になった。もっとも、ワタナベを巡ってはさまざまなユーチューバーが動画などで〝便乗〟。カオスな状況を生み出しているが、水面下では今後のコラボなどで再生数を稼ごうと節操のない〝ワタナベマホト争奪戦〟が起きている――。

 今泉との結婚と、彼女の妊娠を発表したワタナベマホトだったが、わずか1日後に「UUUM」から契約解除された。

「結婚を発表した夜、人気ユーチューバーのコレコレが、15歳の女子高生にわいせつな写真を送らせていたことを暴露。さらに『バラしたら画像をさらすぞ』と脅したことや『画像要求は浮気ではない』などと主張していたことも明かされた。事務所がワタナベに事実を確認したところ、大筋で認めたためにクビとなった」(芸能プロ関係者)

 ワタナベの要求は、昨年11月から今月1月までで今泉との交際中。コレコレの配信終了後、少女のもとにはワタナベ本人から連絡が入り「警察に行かないで」と懇願され「けじめとして引退します」「離婚も考えています」などとメッセージが送られていたことも明らかになった。

 今泉の妊娠中に行われた〝愚行〟。ユーチューバー界で史上最大級のゲスぶりが露呈してしまったが、大騒動になったのは元人気アイドルだった今泉が当事者だからだ。

「芸能人がいたことで、メディアに大きく取り上げられ、一般層まで関心を持つ事態になった。それに伴いワタナベの知名度も上がった。今回の件には直接関係のない人気ユーチューバーらも〝参戦〟してカオスのような状況になっている」(前同)

 人気ユーチューバー「東海オンエア」のてつやが22日、親しいワタナベをツイッターで擁護し、大炎上。その後、事態を把握せず擁護したことを「被害者の方には申し訳ない気持ちでいっぱいです」などと謝罪する事態になった。

 一方、人気ユーチューバーのシバターは同日、「マホトとRIZINで戦います」とのタイトルで動画を配信。「刑事的な責任を負うのはもちろん、社会的な責任も負わなきゃいけない。かつ肉体的な罰も負わなきゃいけない」となどと断罪し「シバターが制裁マッチを行うことが決定しました」と勝手に宣言した。

 もはや〝便乗祭り〟の様相だが、水面下ではワタナベの争奪戦が起きているから驚きだ。

「少女とのやり取りの中で、ワタナベは引退を示唆していますが、本当に引退すると思っている人物は少ない。彼を知るユーチューバーたちは『こうやって謝罪させたら面白い』とか『こう復活させるべき』などさまざまなコラボ案を練っている。なぜって? 今回の件は芸能人も関わっていて一般層を含めて世間が関心を寄せている。ワタナベが動画に出たら、再生数を確実に稼げるからですよ」(芸能プロ関係者)

 最近は、何か不祥事を起こしたユーチューバーが謝罪動画を挙げることが定番化。さらに、その後の復活ロードなどを配信することが、再生数を稼げるコンテンツにもなっているのだ。だとすれば、渦中のワタナベを引き込まない手はない。

 こうした節操のない動きは、芸能人ユーチューバーの激増とも無関係ではないという。

「最近はお笑い芸人やタレントだけでなく、仲里依紗、川口春奈、佐藤健ら役者までユーチューバー界に一気に進出した。それが既存の人気ユーチューバーの再生回数が伸び悩む要因にもなっている。不満を募らせた既存のユーチューバーの中には『芸能人に怖さを教えてやる!』と、炎上も辞さない人物もいるから何ともやっかいだ」(前同)

 15歳の女子高生にわいせつな写真を送らせていたワタナベを利用して、謝罪を含めた復活ショーとして再生数を稼ぐことを狙っている一部の不謹慎なユーチューバーたち。無法状態が続くネット空間をこのまま野放しにしたままでいいのだろうか…。

関連タグ: