坂本龍一が直腸がんを告白 YMO高橋幸宏「絶対に大丈夫!」と励ます

2021年01月21日 16時27分

坂本龍一

 音楽家の坂本龍一(69)が21日、自身の公式サイトを更新。昨年、新たに直腸がんで手術を行い、現在は治療中であると報告した。

 坂本は2014年、中咽頭がんを患ったが、治療の末に克服していた。

 今後について「治療を受けながらできる範囲で仕事を続けていくつもりです」「もう少しだけ音楽を作りたいと思っていますので、みなさまに見守っていただけたら幸せです」とつづった。

 YMOのドラマー・高橋幸宏(68)は昨夏、脳腫瘍の摘出手術を行い、入院を経てリハビリに励んでいる。入院中、坂本は花を贈り、毎日のように高橋を励ました。その美しい友情がファンの間で話題になった。

 高橋は坂本の発表を受け「絶対に大丈夫! 病気先輩だけれど、僕も一生懸命頑張ります。勇気を出して、自分を信じると教わったから。乗り越えます。かなり続きそうだけれど、やれる仕事はやりますよ。その方が免疫力上がりそう!甘いか,,,」とツイッターで激励。互いに病と闘うことを誓った。