ゆきぽよ 〝文春砲〟被弾でも出演中の「マルチ商法警告動画」は継続

2021年01月21日 12時28分

文春砲を浴びたゆきぽよ

 大人気のギャル系タレント「ゆきぽよ」こと木村有希(24)に〝文春砲〟が炸裂した。

 21日発売の「週刊文春」によると、親密にしていた男性Aが一昨年、ゆきぽよの自宅でコカインを使用して倒れた。帰宅したゆきぽよが119番通報したところ、尿検査で薬物の陽性反応が出たため逮捕。Aはその前年にも詐欺容疑で逮捕されていた。

 ゆきぽよ自身も尿検査&家宅捜索を受けたが、結果は「シロ」。ゆきぽよによると、Aは友人の1人であり、現在は決別しているというが、衝撃は大きい。

 ゆきぽよは現在、東京都などが関係した「若者向け悪質商法被害防止共同キャンペーン」の動画広告に出演中。動画内でゆきぽよは身ぶり手ぶりを交えながら「もうかる話に気を付けろ」「これってダマされたっぽい!?」などと、被害防止を訴えている。

 Aが詐欺事件で逮捕されている手前、今後どうなるのか?

 窓口となっている都の職員は本紙の取材に「記事を読ませていただきましたが、ご本人の話ではないということで、現時点では(動画公開は)継続することに変わりはありません」とコメント。

 同職員によると、ゆきぽよのキャスティングは都ではなく、間に入る制作会社がしたもので「今回の件につきましては、制作会社様と話はしています」とした。

 契約継続でゆきぽよもホッとひと安心か。

関連タグ: