結婚した三上真奈アナ 地味アナ評&恋愛バッシング乗り越え、フジのエースへ

2021年01月17日 21時03分

フジ・三上真奈アナ

 フジテレビで新年から結婚ラッシュだ。

 久代萌美アナ(31)の人気ユーチューバーとの結婚が明らかになった同局で、今度は「ノンストップ!」などを担当している三上真奈アナウンサー(31)の結婚が報じられた。

 結婚は16日。お相手は30代の会社員で、今後も三上アナは仕事を続けるという。

「MCを務める『ノンストップ!』18日放送で生報告する。同じくMCのバナナマン・設楽(統)さんからツッコまれ、幸せな表情を浮かべる三上アナの表情に注目ですよ」(同局関係者)

 三上アナは早大卒業後の2013年に入社。幼少期を台湾、中国・上海、香港で過ごした帰国子女で、高校時代には米ネブラスカ州に留学経験もあり、国際派として期待をかけられてきた。

「新人女性アナの登竜門的番組『〇〇パン』シリーズで、『ミカパン』として第8代MCを務めた。『看板アナになりたい!』と気合十分だったが、当初は〝最も地味なパン〟などと評され、周囲の期待とのギャップに悩んでいた」(前同)

 しかし、15年に「ノンストップ!」の料理コーナー担当をきっかけに次第に人気に火が付き、18年4月からはMCに抜てきされた。

 地味アナとは言われつつも16年にはジャニーズ伊野尾慧との熱愛、翌17年にもプロ野球・ヤクルトの小川泰弘投手との熱愛がツーショット付きで報じられた。

「仕事ではなく、2度も私生活で騒がせバッシングも起きた。コリゴリだったのか『普通の人がいい…』と周囲にこぼすことも。結婚のお相手は穏やかで誠実な人のようで、まさに三上アナの希望通りです」(前同)

 地味アナ評や恋愛バッシングを経験し、幸せをつかんだ三上アナ。公私ともに充実しており、フジのエースに上り詰める日が来るかも?