〝革ジャン婚〟河北麻友子 デヴィ夫人が認めた気の強さ

2021年01月17日 17時25分

河北麻友子

 16日に一般男性と結婚したタレントでモデルの河北麻友子(29)の〝革ジャン姿〟が話題だ。

 河北は同日、自身のインスタグラムで同日に都内区役所に婚姻届を提出したことを報告。交際6年になるお相手の男性は、昨年4月に写真週刊誌「FRIDAY」でデートを激写されたワイルド系イケメンだった。

 話題となったのは、黒い革ジャンでのツーショット写真。昨年4月に「FRIDAY」と同じ姿だったからで、ネット上では「すっぱ抜かれた時の革ジャン2ショットで結婚発表するの強い」などの声が噴出した。

〝気の強さ〟を感じさせたが、河北を知るテレビ局関係者は「あのデヴィ夫人が認めた女性ですからね」とこう続ける。「『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、共演するデヴィ夫人と舌戦を繰り広げる姿が話題になってきた。デヴィ夫人からは持ち前の気の強さをイジられながも、しっかり主張できる女性として信頼されている」(前同)

 海外ロケで、料理のオーダーや飛行機の手配の手際の良さを見せつけ、デヴィ夫人から「最高の秘書」「麻友子ちゃんがいたら誰もいらない」と称されたこともあった。

 気は強いが、気配り上手というギャップも河北の魅力のようだ。