「知らない人から電話が…」森七菜の所属事務所は機能せず? 転送被害が発生

2021年01月16日 05時15分

森七菜

 人気女優・森七菜(19)をめぐっては、不可解な現象が起きていた。所属事務所「ARBRE」は芸能界でも小規模な事務所で、だからこそ森の快進撃はひと際目に留まった。同事務所のホームページによると、設立は2013年1月。連絡先は載っておらず、会社所在地も「東京都新宿区」と記されているだけだ。

 本紙は仕事の関係先から同事務所の代表連絡先と住所を入手し、取材を開始。まず代表電話に連絡すると、出たのは女性。事務所の関係者かと思いきや、ARBREとは全く無関係の人物だった。

 彼女によると「代表電話にかけると、こちらに転送されるみたいです。知らない人から森さんに関する問い合わせが何件も来て…。事務所のメールフォームに対処をお願いしましたが、返信はありません。自分の仕事にも支障をきたしています」と切実に訴えた。

 次に明記された住所を訪れると、そこには都内の一等地とは思えない異質な空気が流れていた。薄暗い路地を進んでいった先にARBREが入るビルはあったが…。

 実はARBRE(アーブル)は事務所社長K氏が亡くなった2019年1月以降に新たに「株式会社アーブル」として法人登録していた。新たな所在地は同じ区内の別の場所。森を知る芸能関係者によると「19年以降もARBREのスタッフとやりとりしたメールには前の所在地が記されていました。代表番号が変わったとか、事務所が移転したなどの連絡は来ていません」という。

 現在の建物はガラス張りで小綺麗ではあったが、ARBREが入る部屋に表札はなく、中に人のいる気配はなかった。