〝渦中〟の森七菜 さすが女優? 前日のイベントでは異変感じさせず

2021年01月15日 13時20分

ダイヤが似合う森七菜

 所属事務所「ARBRE」のタレント一覧から消え、公式インスタグラムが閉鎖された人気若手女優の森七菜(19)は、前日14日に都内で行われた「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」で10代部門に選ばれ、表彰式に出席していた。

 森は黒と白ドレスで、ダイヤのペンダントネックレス(1カラット)を身に着けて登壇。「ジュエリーは、去年の誕生日にお母さんがくれた。馬のひずめのような、Uの形にちっちゃな宝石が散りばめられたもの。すごく心が躍って…」などと、ジュエリーにまつわるエピソードを明かしていた。

 その場にいた関係者は「終始、笑顔で報道陣とやり取りしており時折、笑いも起きていた。所属事務所とのトラブルが起きていた感じはしなかったけど…」と告白。事務所から〝消える〟雰囲気はまったくなかったようだ。

 一部で母親と事務所とのトラブルを指摘する情報もあるが…。表彰式では、報道陣から「誰に報告したいか?」と問われると、「まずお母さんに見せたい。すごい喜んでくれると思う。賞を頂くのもこれまでの経験ではないので、早く喜びを伝えたい」と声を弾ませ、親子仲が良好なことをうかがわせていた。